個別記事,ブログ,自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ CAD設計デザイン科

オープンキャンパス・体験入学

総理大臣と自動車整備士

2022年01月21日 総理大臣と自動車整備士

ブログをご覧の皆さんこんにちは。
皆さんは日本の総理大臣は誰なのかご存じですよね。
現在の総理大臣は
第100代 岸田 文雄総理大臣です。皆さんももちろんテレビで見たことありますよね。
今回はその日本のTOPである岸田総理大臣が自動車整備工場を訪れ、現役の自動車整備士と懇談をしたというニュースをお伝えいたします。
現在、自動車整備士(メカニック)は電気自動車やIT、IOT、燃料電池など、ドンドン新しい技術が登場しており、その技術をいち早く吸収し、国民の安全・安心なクルマ社会を支えていかなければならず、しかしその一方で若者のクルマ離れなど、自動車整備士人材不足が顕著であることなどから、このままでは国民の暮らしに影響が出てしまい兼ねないという切実な現状から、総理大臣自らが現場を視察、現役自動車整備士と車座で懇談し、現状の再確認と現場の声を聴きとり、政治としてどのように支えていくべきか考えなければならないと発言されていました。また、その中で給与の引き上げなど処遇改善を行い、自動車整備業界を盛り上げていくことなども発言されていました。
詳しくは首相官邸HPにてご確認下さい。(動画も配信されています)
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202201/13kurumaza.html

このように、現在エッセンシャルワークとしての自動車整備士の重要性が大きく取り上げられています。クルマは当たり前のように走っていますが、それを支えている自動車整備士の存在を是非皆さんも知って下さい。そして、今後変わっていくクルマ(モビリティ)を支える自動車整備士をミライのシゴトとして、私たち日本工学院で一緒に夢を叶えましょう!
日本工学院はそのような夢を持つ”若きつくりびと”の育成を応援します!

n-12646211 at 8:20 | この記事のURL | |