個別記事,ブログ,自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ CAD設計デザイン科

オープンキャンパス・体験入学

八王子学 〜ものづくりの道〜

2019年11月19日 八王子学 〜ものづくりの道〜

 ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

皆さんは成功している大人の言葉をどう感じていますか?

本を読んだり、TVで見たりと様々な場面で“見たり聞いたり”して、少なからずとも影響を受けていますよね。では最も影響を受けるときは、どんな時でしょうか?

やはり直接お話を聴いて、共感できた時ではないでしょうか?

身近なバイト先の先輩や上司などはとても良い例ですね。話の中で何を“気づくか”が皆さんに影響を与える大きなファクターとして挙げられ、それは社会人になる前の専門学生にとって、必ず身につけなければならない“気づきや発見”と言う重要なスキルとして認知されています。

本校テクノロジーカレッジでは、その“気づき”を知ってもらう取り組みとして、「八王子学 〜ものづくりの道〜」を開催しました。この取り組みは地域連携・産学連携の一環として、「八王子市」で活躍する企業の皆さまのお話から、なにか“気づき”や“発見”を見出し、今後の自身のキャリアプランに活かしていくことが出来るようになるための特別講義で、今年で3回目となります。

第一回目は、前八王子市長「黒須 隆一氏」です。

黒須氏は建設会社の長男として、育ちながらも自身のやりたい事を実直に成果が出るまで取り組み、辞める時もスッパリ辞め、新しいことへのチャレンジを続けてこられた今までをお話しいただき、レーシングドライバーとして活躍した時期、政治家として挫折した日々、それでも立ち上がり八王子を変えてきた今までを熱くご講義頂きました。今回は一級自動車整備科/自動車整備科1年次の学生が対象でしたが、自動車系全学年の学生に聞かせたい素晴らしい内容でした。

 

IMG_1604IMG_1606IMG_1608IMG_1609 

 




















































この「八王子学」は今年度全8回開催予定であり、次回自動車整備科が参加する講義者は、八王子青年会議所理事長、蟒斬霍営の代表者「齋藤 祥文氏」です。どんなお話が聴けるのかとても楽しみです。

 

このように、日本工学院八王子専門学校では、産学連携・地域連携をキャンパスのある「八王子市」と共に進め、八王子市在住でない学生さんもキャンパスのある八王子を好きになってもらいたいと心から願っております。

 

n-12646211 at 7:57 | この記事のURL | |