個別記事,ブログ,自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ CAD設計デザイン科

オープンキャンパス・体験入学

自動運転!!

2016年10月11日 自動運転!!

こんにちは、一級自動車整備科の熊谷です。

最近、だんだんと寒くなってきて夕方の虫の声も秋らしくなってきましたね。

最近の、自動車整備科のブログが日産さんのネタが多いですが、今回も日産さんのネタになりそうです。

今回のブログのタイトルが、自動運転となっておりますが、みなさんは自動運転ってご存知ですか?

すごく簡単に説明すると自動で走る車の事なんですが、その自動運転の中にも次のようなレベル分けがあります。

 

レベル0…運転手が全ての主制御系統の操作を行う

レベル1…加速、操舵、制動のいずれかをシステムが行う。

レベル2…加速、操舵、制動のうちの複数をシステムが行う。 

レベル3…加速、操舵、制動の全てをシステムが行い、システムが要請した場合にはドライバーが対応する。

レベル4…完全自動運転。

 

今までにも、レベル12までの自動車というのはありました。

前回のブログでもお話いたしました、車を加速させるだけでなく、減速(ブレーキ)もする車で自動ブレーキなどがそうですね。

 

今回、日産自動車から発売された新型セレナには、この内のレベル3にあたる加速、制動だけでなく操舵も行うシステムであるプロパイロットというものが装備されています。

 

さっそく、横浜にある日産グローバルギャラリーにて試乗をしてきました。

天気も良く快晴です。

画像1

※この自動運転では、白線の読み取りにカメラを使用しているので、人間の目と同じく濃霧などの悪天候時などには正確に作動しない場合があります。

 

さっそく試乗です!!

画像2

ハンドルの右側にある青いボタンを押すとプロパイロットのモードにはいります。

いきなり自動運転に入るわけではなく、最初は、オートクルーズの状態になりハンドルの操作が必要です。その間にカメラが道路の白線を読み取ります。読み取りが完了すると、自動運転に入っていきます。

 最初にハンドルが自動で切れていった時には、おぉぉぉ!!とつい声が出てしまいました。

とても不思議な感覚です。

ちなみにハンドルから手を離してしまうと、5秒後に警告が画面に出て、さらに5秒後に自動運転が解除されます。現行の道路交通法は、「公道でドライバーがハンドルから手を放す行為を認めていない。」ためです。

今回は、終始ハンドルに手を添えて試乗となります。

運転中の画像を、同乗者の方にとってもらおうとしましたが、運転中の撮影は禁止とのことでしたので、走行中の動画などはございません。

これから、このような車がどんどん増えてきますそういった車にも対応できるよう私たちも日々勉強です。

今後のオープンキャンパスでは、そういった自動運転に関わるような内容も盛り込もうと思っておりますので、ぜひ今後のオープンキャンパスに参加していただければとおもいます。

 

n-12646211 at 8:41 | この記事のURL | |