個別記事,ブログ,自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 CAD技術者をめざす人の学科・資格・就職・業界情報ブログ CAD設計デザイン科

オープンキャンパス・体験入学

クルマの電子制御

2013年06月26日 クルマの電子制御

ブログをご覧の皆さん。こんにちは。

梅雨に入り、スッキリ晴れない日が続いている今日この頃です。しかしこの時期ならではのアジサイがキレイに咲いてもうすぐ夏になるんだなと感じさせます。

 

表題の電子制御ですが、現在の自動車は全てコンピュータを使った電子制御で動いています。昔のクルマやオートバイであれば、電気が無くてもガソリンがあれば動いたのですが、現在のクルマやオートバイはガソリンがあっても、電気が無ければ動きません。その電気はエンジンやミッション、ブレーキなどを制御するコンピュータの電源になっています。そしてそのコンピュータにはたくさんのセンサからの情報が入力されており、クルマが快適に動くようにいろいろなことをしています。それは昔のクルマは運転者の技術により快適に動いていたのに対し、現在のクルマはどんな人が運転してもこの電子制御技術により、安全にドライブできるようになっているということなんです。しかしあくまでも運転しているのは人間なので過信は禁物なのは皆さんお判りですよね。安全運転第一です。

 

私たち整備士はその仕組みを理解していないと、クルマを点検・修理することは出来ません。クルマは年々高度化しており、世の中にはハイブリッド・電気・燃料電池などがこれからどんどん増えていくことでしょう。これらに対応する為にもしっかりとした基礎知識が必要になります。

実習ではあえてアナログオシロスコープを使用し、実習車の電子制御の信号などを確認して基礎知識を高めています。
オシロ

 

学生さんはちょっと難しい顔をしていますが、現在公道を走行しているクルマはほぼ全て電子制御なので頑張って覚えなければ整備士として会社で通用しません。がんばれ!未来の整備士たちよ!!

 

先週も体験入学にたくさんのご参加ありがとうございます。今週末も開催されますので、まだ日本工学院 自動車整備科・一級自動車整備科を体験されていない方は是非ご参加頂き、現在のクルマの中身を体験してみてください。教員一同お待ちしております。

(ブログ担当 清水)

n-12646211 at 8:7 | この記事のURL | |