ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2018年10月26日 紅華祭情報そのΑ 二年生競技

第4回紅華祭チャレンジカップ2年生競技

 

今年度の二年生競技は点検チャレンジ、故障診断チャレンジ、学科チャレンジの3種目です。

点検作業は自動車を安全に走行する為に欠かせない重要な作業で、今回学生は点検者2名、記録者1名に分かれ点検を行いました。複数で作業する場合、安全に作業を行い、点検漏れを防ぐにはお互いの声の掛け合いがとても重要なポイントであり、今回の採点においても重要な部分でありました。


スライド8
 






















エンジンルームの点検を行います

リフトアップして車の下廻りやタイヤを点検します

お客様からのご用命によるワイパーラバー交換、エアコンフィルター交換、タイヤローテーションも同時に行います

各クラス息の合ったチームプレーでばっちり点検をすることができました、これでお客様も安心して車に乗ることができますね。

 

次のチャレンジ故障診断は車に発生している不具合を見つけ出し修理をする作業です。問題はお客様から「エンジンの調子が悪い」と訴えがあったということからスタートします。

 

故障診断器と呼ばれる機器を車に接続し、エンジン回転数などの車両のデータ変化や装置を駆動させて故障個所を絞りこんでいきます

故障個所が絞り込めたので部品の点検をします

故障個所が分かったようです、今回の故障はエンジンに火花を飛ばすための部品(イグニションコイル)の不良によるものでした。

無事お客様の車を修理できました

 

2級学科チャレンジは国家試験の問題を30分で何問解けるかをチャレンジし、日々の勉強の成果が試されます。

2年競技

 

2年生の競技は実際の現場でもよく行われる実践的な内容でしたが普段の授業の成果もありしっかりと作業をすることができました。これから仕事をする上での良い自信に繋がったようですね。選手のみなさんお疲れ様でした!

(圷)

n-12646211 at 8:3 | この記事のURL | |

2018年10月25日 紅華祭情報そのァ 一年生競技

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

「第4回自動車整備士チャレンジカップ」の様子をシリーズでお伝えしております。

 

今回は一年生の競技の模様をご紹介します。

入学から半年。日々の学習成課を発表する場に臨んだのは、自薦、他薦を含めて自動車整備科から2チーム10人と一級自動車整備科から1チーム5人の合計15名。

 競技内容は「紅華祭直前情報!その◆廚任知らせした通り。

stエンジン故障診断6名、プログラミング6名、3級学科3名が競技毎に個人順位を争い、さらに、各競技の個人得点を総合して、チームの順位を争う方式で行いました。

競技内容については当科でどのような授業を展開しているのかを知っていただこうと、プログラム(カッコよく言うとソフトウエア)の作成も取り入れました。電子制御や自動運転、IoTに関連するプログラミング教育を取り入れているのは当科の特徴で、ご来賓の方々からも好評でした。


スライド61年競技
 

 

























ご来賓の方々、一般来場者、在校生が注目する中での競技ですので、選手は緊張したことと思います。プレッシャーの中で日々の学習成果を発揮してくれた選手たちに感激しました。私たち教員にとっては全員が最優秀選手。お疲れ様。そしてありがとう。今後の成長が楽しみです。

ご来場いただき、ご声援頂いたみなさん。ありがとうございました。残念ながらご観戦いただけなかったみなさんはぜひ来年こそ、紅華祭へお越しください。さらに成長した学生の姿をご覧いただけると思います。

ご支援・ご協力いただいた企業の皆様に改めて御礼申し上げ、一年生競技の紹介を終わります。ご覧いただきありがとうございました。

(茂木)

 

 

 

 

n-12646211 at 16:41 | この記事のURL | |

2018年10月25日 紅華祭情報そのぁ ものづくりフェスタ

ブログをご覧のみなさんこんにちは。

自動車整備科の山本です。

 

 10月7日(日)、8日(祝)に開催されました第14回紅華祭のイベントで一級自動車整備科・自動車整備科が実施しましたテクノロジーカレッジイベント「ものづくりフェスタ2018」について紹介します。

 

実施した内容は、以下の3つになります。

・光岡自動車のミニカーに乗車して記念写真を撮ろう!

・光岡自動車のミニカーを使って自動車整備士体験(タイヤ交換作業)を体験しよう!

・今話題のIoT体験をしてみよう!(MaBeeeを使ってスマホでプラレールを操作


IMG_8613
 
















タイヤ交換作業をしてくれた子供たちには、子供自動車整備士免許を記名入りで発行しました。

やはり一番人気だったのは、光岡自動車のミニカーに乗車して写真を撮ろうでした。ここで使用した光岡自動車のミニカーについては現在販売していないということもあり、あまり目にする機会もないことから、老若男女問わず、写真に収める姿を拝見することができました。一人乗りですが、お子様と一緒に乗車をして写真に収める姿も数名確認することができました。非常に微笑ましい光景でした。

 
IMG_0551IMG_8617IMG_0552IMG_0554

 















































また、今話題のIoT体験ではMaBeeeという電池をコントロールできるアイテムを使って、スマホでプラレールを動かすところでは、子供たちの真剣な眼差しを確認することができました。一人の男の子は、夢中になってしまい後ろで待っている子供もいましたが、10分位ずっと操作を続けていました。また、保護者にこのMabeeeがほしいとおねだりをしている子供もいました。子供たちにもどんどん新しい技術を使ってもらって将来の役に立ててほしいと思います。

s














自動車整備士体験(タイヤ交換作業)は、在校生が子供たちの対応をしてくれ、学生たちの子供への指導をするほほえましい姿を見ることができました。

(山本)

n-12646211 at 8:4 | この記事のURL | |

2018年10月24日 紅華祭情報その! ビンゴ大会

秋が深まり、木々が色づき始め、肌寒くなってまいりました。

ブログをご覧の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

夏よりも、冬よりも、花粉もなく過ごしやすい秋が好き。

一級自動車整備科の須藤です。

 

秋といえば、

「読書の秋」

「食欲の秋」

いやいや秋といえば、そうです!!

文化祭です!!

 

日本工学院八王子専門学校では、毎年9月に東京工科大学と合同で、大規模な文化祭を行っております。これは「紅華祭」と呼ばれるお祭りで、大学生や、専門学生が様々なイベントを行い学校全体で大変盛り上がります。

私達、一級自動車整備科、自動車整備科でも、年に一度の教育成果発表ということで、「自動車整備士チャレンジカップ」という技能競技大会イベントを開催しておりました。

学生たちが日々勉強し、身に付けた技術を競い合う、真剣勝負のイベントです!!

 

そんな中で、真剣勝負だけでは疲れてしまいますので、生徒たちに楽しんでもらおうと、豪華景品を用意したビンゴ大会を行われました。

スライド6IMG_0811PA070656















































一等はなんと!フランスの有名工具メーカー「FACOM(ファコム)」の工具箱!

そのほかにも、今流行りの省エネ!長寿命!明るい!「LEDヘッドランプキット」や、整備士ならお箸のように毎日使う、「メガネレンチセット」など、超超超豪華な景品ばかり!

ビンゴ大会は豪華景品を争って、我先にとビンゴカードに穴をあけ、「リーチ!」や「ビンゴ!」と叫び、大変盛り上がっておりました。

 

日々自動車整備士を目指し、勉強を頑張っている生徒たちの楽しんでいる姿を見ることができて、私達教員もうれしく楽しめたひと時でした。

また来年も、是非開催したいと考えていますので、是非一級自動車整備科、自動車整備科で私たちと一緒に自動車整備士を目指しませんか。オープンキャンパス体験入学でお待ちしています。

(須藤)

n-12646211 at 17:15 | この記事のURL | |

2018年10月24日 紅華祭情報その◆ ガチンコ教員チャレンジ!

みなさん、こんにちは。

今回は紅華祭で実施したガチンコ教員チャレンジについてご紹介します!

スライド5IMG_8627IMG_8626












































HONDAメカニックと元TOYOTAメカニックによる故障診断競技を実施しました。

問題作成は元AUDIメカニックが作成し、学生へプレゼンする形で競技したのですが、普段授業をしているにも関わらず出場する教員はガチガチに緊張していましたが、笑いもあるとても濃い時間を魅せることができました。

故障不具合は5つ設定し、両者診断する順番も違えば車両の若干の取扱いの違いがあり、見入るポイントが盛りだくさん!学生たちも実際に現場で一流の仕事をしてきた先生の診断作業に食い入るように見ていたのはそれほどの魅力があったからだと思います!

競技だけにVSの対決ではありましたが、5つ全ての不具合を見つけた二人には順位はつけられませんでした。時間も取扱いもさほど差がありませんので(一流ですから!)最後はじゃんけんで仕方なく勝者を決める結末になってしまいました。

IMG_0738IMG_0744PA070634PA070645





















































故障探求の中には内装を脱着、電圧の測定、各種パーツの脱着点検、ハンダを用いた修理、故障診断器を用いた不具合の確認等様々な動きを見せることができ、学生からしてみれば将来自分が仕事したときに行う流れを実際に見ている形だと思うので、楽しみに感じた人も、不安になった人もいるかもしれませんが、大丈夫!できるようになるために、学校へ通い、その先生たちから技術を教えてもらっているので安心してください、みなさんがしっかり未来像を持って行動すればできるようになります。

今回のガチンコ教員チャレンジは学生たちにとってとてもよい時間だったかと思いますが、来年はもっと内容を吟味し、「魅せる」に重点を置いて実施できればと思います。

(西野)

n-12646211 at 8:46 | この記事のURL | |