ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2018年11月12日 リクルートセミナー!

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

今回は11/8()に開催した第一回就職ガイダンスの模様をご紹介します。

 

 学生の皆さんの多くは、いわゆる「新卒」として初めての就職活動となります。様々な情報があふれている中で、就職活動に対する漠然とした不安があっても不思議ではありません。本格的に就職活動を始める自動車整備科1年生と、一級自動車整備科3年生を対象とした就職ガイダンスを催しました。

 ガイダンスの内容は「スーツの着こなし講座」と「就職活動全般について」の二部構成としました。P.S.FA八王子東急スクエア店様のご協力を頂き、就職活動に適した服装、身だしなみについて講義を受けるとともに、既にスーツを購入している学生に対してはそのスーツを着用したうえでアドバイスを頂きました。

就職活動では一にも二にも第一印象が大切です。面接官に対して好印象を持っていただくための秘訣を伝授して頂きました。

DSC_0810DSC_0811DSC_0813






























次に、キャリアサポートセンター担当者から就職活動全般についてお話を伺いました。担当者は長年、整備科の就職活動をサポートして下さっている大ベテラン。内定獲得のノウハウを蓄積していますし、求人企業様とも正に「ツーツー」の関係を築いてらっしゃるので、具体的な事例を挙げながらのお話には重みがあります。学生の皆さんも正確な情報を得ることで着実に就職活動に取り組んでくれることでしょう。

第一回就職ガイダンス_001第一回就職ガイダンス_002第一回就職ガイダンス_003






































日本工学院八王子専門学校は全校一丸となって学生の皆さんの就職活動をサポートしています。

12月には2回目の次回、第二回就職ガイダンスは12月6日()の予定です。

n-12646211 at 16:52 | この記事のURL | |

2018年10月29日 三菱PHEV技術セミナー

皆さん、こんにちは。一級自動車整備科1年担任の須藤です。

テレビやネットなどで、これからの自動車は電気自動車になってエンジンはいらなくなるなど、いろんなニュースが流れておりますが、「PHEV」ってご存知ですか?

 

今自動車業界は、限りある資源や環境を守りため、エネルギーの転換へと動きだしており、自動車全体が大きく変わろうとしています。しかし、まだまだ自動車の完全な電動化には課題が多く、今すぐにすべての車を電気自動車にするのは難しいのが現状です。

 

そこで、出てきたのが「PHEV」。

PHEVとは、プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークルの略です。

普通のハイブリッドカーと何が違うの?と疑問に思われた方もいるかと思います。

実は、このPHEVはハイブリッドカーと電気自動車のいいとこどりなんです!

  

電気自動車は排気ガスを出さず環境に優しいと言われていますが、充電に時間がかかり、走行距離がガソリン自動車に比べ短いというデメリットがあります。

 

そんな電気自動車の弱点をカバーすべく登場したのがこのPHEVで、普段は、家で充電して、エンジンを使わない電気自動車として乗ることができ、遠出をするときや、万が一充電がなくなってしまっても、エンジンを使って、通常のハイブリッドカーとして走行することができる車なのです。

 

本日は、三菱の企業の方が、自動車整備科の1年生の為に、このPHEVのセミナーを行ってくださいました。

  

三菱の電気自動車の歴史から、最新のPHEVの仕組みまで、三菱自動車の方がわかりやすく解説してくださいました。

 

なんと実際に最新のアウトランダーPHEVを2台も用意して下さり、体験実習も行い生徒たちは、新型アウトランダーに興味津々でした。


三菱セミナー
 
























自動車の最新技術に生で触れることができ、生徒たちのモチベーションも高まっているのが伝わってきました。最新技術の分かる最先端の整備士を目指して頑張っております!

体験入学も随時行っておりますので、一緒に最先端のメカニックを目指しませんか!?

n-12646211 at 18:14 | この記事のURL | |

2018年10月26日 紅華祭情報そのА 産学連携

ブログをご覧の皆さん、こんにちは

 

 

さて、2018年第14回紅華祭情報も最後となりました。

今までお伝えしてきた「第四回 自動車整備士チャレンジカップ」にはたくさんの企業様のご支援があって運営しています。

今回産学連携にご協力いただいた企業様は16団体!

 

スライド11IMG_0575IMG_8594IMG_8633

 























































そして当日ご来賓として選手の応援に、本当にたくさんの皆様にお越しいただき感謝の言葉もありません。ありがとうございました。

またその他大きなご支援としては、入賞した選手への賞品の提供を頂いております。

国産・輸入車・大型車など様々な企業様オリジナルのノベルティグッズを詰め合わせにして副賞として選手に贈られます。

毎回、素晴らしい賞品のご提供を頂き、競技中には展示を行っており選手以外の在校生は垂涎の的となっています。

今年の賞品はこちら!!

 

賞品贈呈写真

 

入賞した選手の笑顔って素晴らしいですね!

このように、日本工学院八王子専門学校 一級自動車整備科/自動車整備科では企業様と共に学生のやる気を引き出し、未来の自動車整備士育成を行っております。

 









そして、テクノロジーカレッジのフェイスブックでは速報をお伝えしていますが、
1013日(土)第41回ダイハツサービス技能コンクール全国大会にダイハツ東京販売蟠侈海琉豕藜動車整備科卒業生 江利優汰さんが出場し、全国6ブロック、14チームの中から5位入賞を勝ち取りました。全国5位おめでとうございます!!
特に卒業生の江利さんは24ヶ月点検とダイハツ独自のスマートアシスト点検の部門において全国トップの得点でした。素晴らしい!!

n-12646211 at 17:56 | この記事のURL | |

2018年10月26日 紅華祭情報そのΑ 二年生競技

第4回紅華祭チャレンジカップ2年生競技

 

今年度の二年生競技は点検チャレンジ、故障診断チャレンジ、学科チャレンジの3種目です。

点検作業は自動車を安全に走行する為に欠かせない重要な作業で、今回学生は点検者2名、記録者1名に分かれ点検を行いました。複数で作業する場合、安全に作業を行い、点検漏れを防ぐにはお互いの声の掛け合いがとても重要なポイントであり、今回の採点においても重要な部分でありました。


スライド8
 






















エンジンルームの点検を行います

リフトアップして車の下廻りやタイヤを点検します

お客様からのご用命によるワイパーラバー交換、エアコンフィルター交換、タイヤローテーションも同時に行います

各クラス息の合ったチームプレーでばっちり点検をすることができました、これでお客様も安心して車に乗ることができますね。

 

次のチャレンジ故障診断は車に発生している不具合を見つけ出し修理をする作業です。問題はお客様から「エンジンの調子が悪い」と訴えがあったということからスタートします。

 

故障診断器と呼ばれる機器を車に接続し、エンジン回転数などの車両のデータ変化や装置を駆動させて故障個所を絞りこんでいきます

故障個所が絞り込めたので部品の点検をします

故障個所が分かったようです、今回の故障はエンジンに火花を飛ばすための部品(イグニションコイル)の不良によるものでした。

無事お客様の車を修理できました

 

2級学科チャレンジは国家試験の問題を30分で何問解けるかをチャレンジし、日々の勉強の成果が試されます。

2年競技

 

2年生の競技は実際の現場でもよく行われる実践的な内容でしたが普段の授業の成果もありしっかりと作業をすることができました。これから仕事をする上での良い自信に繋がったようですね。選手のみなさんお疲れ様でした!

(圷)

n-12646211 at 8:3 | この記事のURL | |

2018年10月25日 紅華祭情報そのァ 一年生競技

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

「第4回自動車整備士チャレンジカップ」の様子をシリーズでお伝えしております。

 

今回は一年生の競技の模様をご紹介します。

入学から半年。日々の学習成課を発表する場に臨んだのは、自薦、他薦を含めて自動車整備科から2チーム10人と一級自動車整備科から1チーム5人の合計15名。

 競技内容は「紅華祭直前情報!その◆廚任知らせした通り。

stエンジン故障診断6名、プログラミング6名、3級学科3名が競技毎に個人順位を争い、さらに、各競技の個人得点を総合して、チームの順位を争う方式で行いました。

競技内容については当科でどのような授業を展開しているのかを知っていただこうと、プログラム(カッコよく言うとソフトウエア)の作成も取り入れました。電子制御や自動運転、IoTに関連するプログラミング教育を取り入れているのは当科の特徴で、ご来賓の方々からも好評でした。


スライド61年競技
 

 

























ご来賓の方々、一般来場者、在校生が注目する中での競技ですので、選手は緊張したことと思います。プレッシャーの中で日々の学習成果を発揮してくれた選手たちに感激しました。私たち教員にとっては全員が最優秀選手。お疲れ様。そしてありがとう。今後の成長が楽しみです。

ご来場いただき、ご声援頂いたみなさん。ありがとうございました。残念ながらご観戦いただけなかったみなさんはぜひ来年こそ、紅華祭へお越しください。さらに成長した学生の姿をご覧いただけると思います。

ご支援・ご協力いただいた企業の皆様に改めて御礼申し上げ、一年生競技の紹介を終わります。ご覧いただきありがとうございました。

(茂木)

 

 

 

 

n-12646211 at 16:41 | この記事のURL | |