ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2019年12月12日 あすなろ講座供OBOGトークセッション)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

秋も深まり、紅葉の季節も終わりそうな師走の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、一級自動車整備科/自動車整備科は「資格学科」であり、就職するために資格“自動車整備士資格”が必要な事は言うまでもありません。学生さんは2年間で「2級」、4年間で「1級」とチャレンジし、合格を勝ち取ります!

 しかし、勉強は楽ではありません。しっかりと自分の将来を想像し、目標に向かって自己管理を徹底し、取り組む必要があります。今回の「あすなろ講座」のテーマは、OBOGとのトークセッションから、自信の将来を具体的に知る事とし、開催しました。



 






































 今回協力していただいた先輩は年次、性別、国籍の異なるバリエーションに富んだOBOGにお願いしました。少しだけご紹介します。

1人目は「ダイハツ東京販売」入社8年目の自動車整備科卒業生“野寺さん”(女性整備士)

2人目は「スズキ自販南東京」入社7年目の自動車整備科卒業生“荒木さん”

3人目は「東京スバル」入社2年目の自動車整備科卒業生“ルスランさん”(留学生)

4人目は「モトーレン東名横浜」入社1年目の一級自動車整備科卒業生“中村さん”です。

 

 

 

















































 


 このような素晴らしい先輩から、様々なお言葉を頂きました。一番学生さんが心に響いていたことは「学生と仕事では一番何が違うか?」という質問に、先輩は「学生は60点以上で合格だけど、プロは100点しか許されない」という言葉でした。整備士はお客様の安全を第一に整備を行っており、絶対にミスは許されない状況で責任を感じながら作業をしているということに対し、多くの学生さんが“気づき”や“発見”があったと感じていたようです。

 

 

年齢が近い先輩(OBOG)の言葉にはとても説得力があり、もっと在校生と触れ合って頂き、在校生が自身の夢に向かって就職先を決定できるようになってもらいたいと思っています。本当にお忙し中、OBOGの皆さんありがとうございました!

もっと詳しい事をお聞きになりたい方は、是非次回のオープンキャンパス体験入学にご参加くださいませ。次回は2020113日(祝)に開催します。心よりお待ち申し上げています。

 

 

n-12646211 at 16:1 | この記事のURL | |

2019年12月12日 特別講義「八王子学 〜ものづくりの道〜」

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

師走に入り、寒い日もあれば、暖かい日もあり寒暖差が大きい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。インフルエンザも流行しつつあるようなので、手洗い・うがいをしっかり行いましょうね!

 

さて、日本工学院八王子専門学校 テクノロジーカレッジでは、毎年全学科を対象に、特別講義「八王子学 〜ものづくりの道〜」を開催しています。本校がある“八王子”を代表する各分野、各世代のリーダー8名より、八王子の魅力や人生の教訓を講義頂き、学生さんたちの夢・目標の原動力とする事を目的としています。

 

 そして、一級自動車整備科/自動車整備科の学生さんもこの「八王子学」を聴講しましたので、簡単にご紹介します。

 

まず、第一回目は本校顧問でもある、八王子前市長「黒須隆一 氏」

「前を向こう!失敗したっていい・挑戦だ!」と題して、自身の政治家としての失敗談から学んだ事を熱くご講義頂きました。さすが元市長!プレゼンテーションはカンペキですね。学生も真剣に耳を傾けていました。

・・・こちらは以前のブログでもご紹介しましたので、下記URLを参照してください。

http://blog49.neec.ac.jp/archives/51590797.html

 

次は、住宅公営社長、八王子青年会議所理事長の「齋藤祥文 氏」

テーマは「脱・平均」〜尖って突き刺す〜と題し、かなりセンセーショナルなスライドやコメントがたくさんありました。人に気づいてもらう為に様々な事にチャレンジをされている姿に学生達も引き込まれていました。

 

IMG_1686IMG_1689IMG_1690IMG_1692IMG_1694 

 































































 そして次は、まごころ清掃社専務取締役の「高野 正人氏」

産業廃棄物(ゴミ)を取り扱う人の嫌がる仕事、でも絶対に誰かがやらなければならない仕事を、動画も交えながら楽しくご講義頂き、学生さんたちは眠くならないようにと“ミンティア”も頂きました。高野さんはクルマのカスタムが大好きでカスタムカーがスライドにたくさん登場し、自動車整備科の学生も目が釘付けになっていました。

 

IMG_1729IMG_1732IMG_1736 

 






































 このように、本校がある「八王子」をもっともっとよく知って、地域連携や産学連携を積極的に行い、サスティナブルな学校を目指しています!

皆さんも是非「八王子」を再発見してみてください!

n-12646211 at 15:55 | この記事のURL | |

2019年11月29日 産学連携企業特別実習(三菱自動車)

ブログをご覧のみなさん、こんにちは。

 

 本日、一級自動車整備科の3年生と自動車整備科の1年生は、「三菱アウトランダーPHEV技術講習会」を本校の自動車整備実習場にて開催いたしました。

12

10













 







 

 








 ご協力をいただいた企業様は、今年4月に社名が変更になりました「東日本三菱自動車販売株式会社」様(1都8県102拠点で国内最大規模)で、人事より2名、サービス部より3名の講師の方からご講義を受けました。

内容は、2部構成です。まず“第一部”として、アウトランダーPHEVの実車3台を使い、その構造・機能の確認と三菱リモート、三菱専用故障診断機(MUT−掘砲寮睫世鮗けました。

56789















































その講義の内容でご覧の皆さんに伝えたい内容だけピックアップしてお伝えします。動力はツインモーター式4WD(フロントとリヤモーターは別々に制御)、リチウムイオン電池は、1セル3.75V80個直列につないで300V13.8Whの出力です。そのバッテリを充電するには、普通充電(200V15A)で満充電まで4時間30分、急速充電は、25分で80%充電する事ができます。また、そのバッテリに蓄えた電池を動力だけでなく他にも使用することもできます。なんと家とつなげれば、最大で10日間使用できるそうです。次に、「三菱リモート」それは、スマートフォンをWi-Fiを使って車とつなげる機能です。SSIDとパスワードで管理されていますので、誰でも勝手に繋げるわけでは無く安心して使えます。出来ることは、「タイマ充電」「プレ空調」「今すぐ空調」などです。「タイマ充電」は、深夜電力の安い電気を使用して充電ができるメリットがあります。また、「今すぐ空調」は、これから寒い時期に入りますので、乗車前に車の中を暖めておくことができますし、更にはフロントガラスが凍ってしまっている場合にもデフロスター機能で、視界を確保することも出来ます。

続いて“第二部”が、PHEV(プラグインハイブリッド)の講義です。三菱の歴史から始まりました。三菱自動車は、1971年にミニカで電気自動車でデビューし、その後、1995年にリチウムイオン電池の搭載をスタートし、また、FTO電気自動車でギネスブックに登録(24時間走行した記録)された経緯などを勉強させて頂きました。セミナーの内容が盛りだくさんだったので、まだまだ伝え切れたかわかりませんが、ご興味のある方は是非、三菱自動車のHPをご覧ください。今回産学連携特別授業にご協力をいただきました「東日本三菱自動車販売株式会社」様、本当にありがとうございました。


34
 



















 夏から始めている産学連携特別授業も12月の「いすゞ自動車首都圏株式会社」様で最後となります。様々なタイプの企業様やクルマを知り、触れて、見る事で就職期学生の企業研究としています。来年1月末には、就職解禁となりますので、まだまだ企業研究を深めていきましょう!

 

n-12646211 at 9:18 | この記事のURL | |

2019年11月22日 BMWカーデザイナー「永島譲二氏特別講演」!

  ブログをご覧の皆さん、こんにちは。 

今回はスペシャルな特別講演についての報告です。

講演者はBMW(ドイツの自動車メーカー)日本人唯一のデザイナーとして、現在もご活躍されている「永島譲二氏」です。永島氏は日本を飛び出し、オペル、ルノー、BMWとご活躍の場を広げ、BMWでは「5シリーズ」や「Z3ロードスター」など数々のデザインを手がけ、現在はBMWクリエイティブディレクター、また東京工科大学デザイン学部客員教授、日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校の特別講師として、学生たちにご経験から学ばれたものをご教授頂いています。

 

そして、今回のご講演では「あこがれを持たれるデザイン、もたれないデザイン」としてメイドインジャパン製品と海外製品について、自動車を軸にしながらご講演頂きました。

我々一級自動車整備科/自動車整備科の学生もデザインを学んでいるわけではありませんが、BMWの現役デザイナーのお話を聴く機会は滅多にありませんので、喜んで参加させて頂きました。また、当日は一般参加として、BMWディーラー4社(村内BMW、ニコルBMW、湘南BMW、東名横浜BMW)の社員の皆さんやユーザーの方も聴講されました。


IMG_1670IMG_1671IMG_1675IMG_1663IMG_1667
 
































































今回、永島氏のお話の中で、日本人が海外にもっと視野を広げて活躍する時代である、また英語の必要性など自動車整備業界においても学生に伝えていくべきことがたくさんあり、私たち教員も考えさせられる有意義な講演でありました。

 

 このように、本校では様々な業界で素晴らしいご活躍をされている特別講師の方々からの特別講義を行って、学生さんに夢や希望を伝えています!一般の皆さんが聴講できる機械もありますので、その時は是非ご参加くださいね。お待ちしています。

 

n-12646211 at 8:20 | この記事のURL | |

2019年11月20日 クラシックカーパレードボランティア!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。自動車整備科の須藤です。

11月に入り肌寒くなってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

寒暖差が大きく体調を崩しやすい時期ですので私を含め、学生たちも体調管理に気を付けております。

 

 

 先日、私は八王子市のいちょう祭りで行われた「クラシックカー・パレード」に、ボランティアの学生たちと共に参加しました。クラシックカー・パレードでは、作られてから33年以上経過したクラシックカーが国道20号線のいちょう並木道を、250台で列を作って走行する大変迫力のあるパレードとなっております。一番古い車ではなんと60年以上昔に作られた車両もありました!私のお父さんより年上!笑

 

IMG_1625IMG_1644IMG_1653BlogPaintBlogPaintBlogPaintBlogPaint 

 






















































































 そんなクラシックカー・パレードにボランティアとして参加した私達日本工学院の学生たちは、車両の誘導や、沿道で歩行者の方が安全に見学できるように案内するなど、クラシックカー・パレードの運営に携わりました。

 

IMG_4421写真 2019-11-17 13 19 08写真 2019-11-17 11 14 06 

 










































学生たちは、日産のハコスカやトヨタの2000GTなど人気のクラシックカーから、見たこともないクラシックカーを目の前にして大興奮でした!

 

BlogPaintIMG_4466BlogPaintBlogPaint 

 


















































 ボランティアとしての仕事をしっかりとこなしつつ、大好きな車の写真をたくさん取ることができ充実したボランティア活動となりました。

 

IMG_4503 

 













 日本工学院八王子専門学校では、ボランティアを通じてコミュニケーション能力や自ら考えて行動する主体性などを身に付ける取り組みを行っております。ボランティアの中で、様々な試練を乗り越え成長する学生たちをみて、教員としてとても感慨深いものがありました。ブログをご覧の皆さんも是非私たちと一緒に成長しませんか。まずは、オープンキャンパス体験入学にご参加ください。

次回は128日(日)に開催致します。教員一同お待ちしております!

n-12646211 at 9:27 | この記事のURL | |