ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2006年11月10日 11月19日に向けてスマートの体験実習の準備です。

スマート全体

今日は納車したてのスマートを11月19日

体験入学に使用するため内容の検討です。

 

 


スマートエンジンルーム

こちらはエンジンルームです。

後部座席の後ろのエンジンフードを取り外すとエンジンを見ることが出来ます。中央の黒い部品はインテークマニホールドです。コンパクトにまとまっていて、吸気温センサ、バッキュームセンサなど各センサも点検しやすい場所にあります。

スマートオイルフィルタ

こちらはスロットルボデーです。

排気量が小さいので装置自体も小型です。

ところで皆さんバッテリはどこに搭載されていると思いますか。   

          

答えは助手席の足元にあります。室内のカーペットはやはりベンツなので質感は非常にいいです。

11月19日は体験入学にぜひ来てスマートに会いにきてください。待ってます。

(担当高地)

n-12646211 at 8:52 | この記事のURL | |

2006年11月06日 11月3日秋の体験入学に新実習車が導入されました。

新実習車11月3日新実習車を体験入学に使用しました。

スカイラインはエンジンルームを見てもらい最新に自動車はエンジンにカバーがしてあるので、それを取り外して各部品の説明をしました。

 

スマートはバンパーやボデーの一部の取り外し作業を行いました。今回、ニュービートルは自由に運転席などに着席できるように展示をしてゲストの方に直接触れてもらいました。参加していただいた皆さんいかがでしたか。

11月19日はイベントで「人気講師大集合」があります。新実習車を使用しての体験実習や自動車整備士の仕事などについていろいろお話をしたいと思っています。ぜひ、参加してください。お待ちしています。(担当高地)

n-12646211 at 12:45 | この記事のURL | |

2006年10月27日 スカイラインがやってきました

スカイラインスカイラインが学校にやってきました。

ピッカピッカのボデーで存在感がすごいです。
(写真と実物のボデーカラーは異なります)



まずは11月3日の体験入学で皆さんにお見せすることが出来ると思います。
楽しみにしていてください。

ぜひ、体験入学に参加してください。

(担当高地)

n-12646211 at 18:55 | この記事のURL | |

2006年10月15日 10月15日秋の体験入学の実習風景

オイルクーラ1

こちらはXJIR400のオイルクーラの取り付けです。ホースのねじれに注意して取り付けます。

 

 

マフラ1

同じくマフラの取り付けです。穴位置に注意してとりつけます。

 

 

エ

こちらはスーパーカブのエンジン・シリンダを外してピストンを外そうとしたらスラッジ(カーボンなどの汚れ)がひどく洗浄剤で汚れを落としています。

 

 

バルブ清掃
バルブの汚れを落としています。

 

 

10月も中旬に入り、朝夕は秋っぽくなってきました。紅葉も楽しみですね。

11月も体験入学は引き続き楽しみにして下さい。(担当高地)

 

n-12646211 at 16:44 | この記事のURL | |

2006年10月13日 自動車整備科に新しい実習車が入ります

 自動車整備科に日産スカイラインとフォルクスワーゲンニュービートルそしてスマートが実習車として、なんと合計15台導入されます。

スカイライン

スカイライン(日産)

 

GT(グランドツーリング)といえばスカイラインというように、過去から現在まで多数のファンがいる自動車。レースにも参戦し数々の伝説もあります。その現行モデルを実習車として導入しました。自然吸気でフラットなトルクで余裕のパワーを持つエンジン、高級感がある内装すべてがスペシャルです。

ビートル

ニュービートル(フォルクスワーゲン)

 

“カブトムシ”の愛称で、世界中で人気を博しているフォルクスワーゲンの「ニュービートル」。日本には1999年に導入され、丸みを帯びたデザインや鮮やかなボディカラーで高級車ながら幅広い層に受け入れられている。車両安定性制御システムESPなど充実した安全装備も魅力のひとつです。

 

 

スマート(ダイムラークラスラー)

 

 コンパクトでありながら高級。ヨーロッパの町並みや青山、渋谷などおしゃれな町にぴったりの自動車。あのダビンチコードでも出演して、ミステリアスな映画にアクセントを加えています。サイズはコンパクトだけど、エンジンSOHC・直列3気筒インタークーラー付ターボ、6速マニュアルモード付オートマティックトランスミッションなどコンパクトだけどしっかり、内装はやはり高級車を多数作っているメーカの自動車です。(写真次回のブログで載せる予定です。)

 


 どの実習車も最新の技術を装備していますので楽しみにしていてください。

(担当高地)

n-12646211 at 18:55 | この記事のURL | |