ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2006年09月29日 実習車両のフェアレディZが不調!!

症状はエンジン始動でブォーンとかかるが、すぐにエンスト。

何度やっても同じ状態。メータパネル内のエンジン警告灯が点灯しているので外部診断機で点検。ダイアグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スロットル系のダイアグが入っている。ダイアグをクリアーして再びエンジン始動。ストールしない!イグニションOFFでエンジンを停止し、すぐ始動させても問題ない。しばらくしてエンジンを始動すると不具合発生。放置すると不具合発生?スロットルモータ、ECUの配線を点検するが問題なし。ECUかな?でも、ECUは簡単に壊れないしなぁ?

 

エンジンルーム1

 

 

 

 

 

 

 

スロットルモータASSYの異常?アクセルを踏み込むと回転が上がるのでモータはOK。閉位置学習を実施すると異常コードが出る。まずは取り外し、いじってみる。ん・・・?スロットルの戻りが悪い?他の実習車両のZのスロットルモータを外して違いを見てみる。明らかに戻りが悪い。

スロットルボデー

 

 

 

 

 

 

 

せっかく他のZのスロットルモータを取り外したので不具合車両に取り付けてみる。ダイアグをクリアーした後、エンジン始動。いろいろ試したが問題ない。やはりスロットルモータASSYの不具合だ。新しいスロットルモータASSYは取り寄せるとして、早速、不具合のあるスロットルモータASSYを分解。戻りが悪いので油を注してみる。なんと戻りが良くなった。何度も戻りを点検してみたが調子が良い。

モータ部

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度Zに取り付けて様子を見る。何度も始動、停止、放置を繰り返しても停止しない。ダイアグも出ない。

不具合原因はスロットルの戻りが悪いためエンジン停止後の全閉位置が正常に検出できず異常コードが出て、今回のような症状が出た。整備マニュアルによるとエンジン停止後5秒経ったとき位置を検出するようだ。すぐ再始動すると不具合が出なかったことに納得。

今回は一級自動車整備科の故障診断の良いテーマになりました。

 

今回の実習は2年生が作業していたものです。

私はとなりで1年生の実習を見ていたので詳しいところは見ていなかったのですが、電子制御式といってもスロットルバルブは機械部品で構成されていて、さらにバルブの戻りはスプリングとギヤを使用しているので電気的には異常が無くても、制御条件に合わなければ不具合となる一例だと思います。本来はスロットルボデーは非分解式なので一般的には交換することが修理となります。このところが実際にはむずかしいところですね。

(担当高地)

n-12646211 at 20:52 | この記事のURL | |

2006年09月26日 10月8日オープンキャンパス&紅華祭のお知らせ

ポケバイ
すっかり秋ぽっくなってきましたね。いま多くの学校が学園祭や文化祭の時期だと思います。

日本工学院も紅華祭が10月8日、9日と実施されます。

 

そして、10月8日はオープンキャンパスとの同時開催です。今回はこのポケバイと4輪バギーを自動車整備科の学生が組み立て実演を行います。また、2級自動車整備実習場では普段の実習で身に付けた技術を実習車を整備点検作業を皆さんに見ていただきます。ぜひ、遊びに来てください。待ってます。(担当高地)

n-12646211 at 11:21 | この記事のURL | |

2006年09月17日 9月17日秋の体験入学実習風景

エンジン1

2ストエンジンの分解でカバーの取り外しです。

 

 

 

レンチ選び六角レンチをサイズはどれかな?


 

 

エキゾースト

六角レンチのサイズを確認して、エキゾーストパイプを外します。

 

 

カブヘッド

スーパーカブの燃焼室のカーボンを落としています。

 

 

 

カブフレーム

スーパーカブのフレームです。

汚れを取ってサビを落としを行っています。

塗装の下地処理を行うためです。

 

 

 

次回の秋の体験入学は9月24日です。皆さんの参加をお待ちしています。

(担当高地)

n-12646211 at 16:53 | この記事のURL | |

2006年08月31日 日本工学院八王子専門学校自動車整備科 8月25日から27日 夏の体験入学実習風景

オイルクーラ

こちらはオイルクーラを取り外すしています。

 

 

 

エキゾーストパイプ

オイルクーラを下側にずらしてエキゾーストパイプを取り外そうとしています。

 

 

2ストエンジンシリンダ

2ストエンジンのシリンダ取り付けボルトを緩めています。

 

 

ピストン

シリンダを取り外して、ピストンが見えました。

 

 

 

スーパカブハンドル

こちらはスーパカブのハンドルのサビを取っています。

 

 

 

チェーンカバー

チェーンカバーを取り付けています。

内部はオイル汚れがひどかったのですが、きれに洗浄していただきました。

 

完成

完成車です。15回の体験入学で皆さんに作業していただいて、無事完成しました。傷や汚れが無くなりピカピカになりました。

 

 

たくさんの方に夏の体験入学に参加していただき、本当にありがとうございました。

ご参加していただいて、自動車整備科のことを理解していただけたでしょうか?

自動車整備士という仕事は、大好きな自動車をとおして、専門知識と専門技術を身につけ、ひとの役に立てる仕事です。

これは、すばらしいことだと思いませんか。

そして、この夏休みに自分の進路をしっかりと見つめて、将来の姿をイメージするのにお役に立たらうれしく思います。

まだまだ、暑い日が続きますが、9月、10月になればいよいよ推薦入学の願書受付が始まります。

また、秋の体験入学は9月10日から始まりますので、まだ、参加したことが無いという方はぜひ、ご参加をしていただき、進路の決定にご参考にしていただきたいと思います。

それでは、秋の体験入学でお会いできるのを楽しみにしております。

(担当高地)

 

n-12646211 at 10:39 | この記事のURL | |

2006年08月20日 日本工学院八王子専門学校 自動車整備科8月20日 OB・OG大集合イベントと夏の体験入学実習風景

シゲムラ君

本日はOB・OG大集合で7期卒業生で

現在、神奈川ダイハツ販売株式会社で勤務している

茂村恭透さんに来校していただき、日ごろの仕事や学生時代に学んで、現在役立っていることや、将来の目標などを話していただきました。

高校生の皆さんは真剣な眼差しで2、3年後の自分の姿を見ているようでした。

私も整備士として仕事をしていたころを思い出して、話がはずみました。

最近の仕事は自動車の点検整備を中心に行っているそうです。

目標はたくさんの資格を取得し、一級自動車整備士の資格も取得したいそうです。

今後の活躍を期待しております。本日はお忙しい中ありがとうございました。

 

2ストエンジンカバー

こちらは2ストエンジンの分解に入るところです。

 

 

 

2ストエンジン

こちらは別のタイプのエンジン分解のものです。

 

 

 

リアショック

こちらはスーパカブのリアショックの磨きです。

細かい傷などを取っています。

 

 

オイルクーラ

こちらはXJR400のオイルクーラ(エンジンオイルを冷却する装置)の取り外しをしているところです。

 

 

いよいよ夏休みも残すところあとわずかですが、たくさんの思い出を作ってください。

8月26日は人気講師大集合のイベントがあります。ぜひ、遊びに来てください。

 

n-12646211 at 17:48 | この記事のURL | |