ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2005年11月12日 走行車プリウス登場

今回走行する「プリウスS」です。

走行用プリウス

今回の目的地は、愛知県トヨタ博物館。

早朝スタートで朝がきつそう。報復600kmは超えるだろう。プリウス君頑張って!

現在の走行距離は4000km程度、比較的新しめのプリウスだ。新車のにおいがぷんぷん。

アルミホイール装着者。

ナビゲーションシステムのOK。

走行用プリウスドア部分

走行前の手入れを終えてピカピカ状態。

ドアには、宣伝のため?にステッカーを貼った。

目立ちそうだ。搭乗者は少し恥ずかしいようだ。

 

 

 

n-12646211 at 17:42 | この記事のURL | |

2005年11月12日 プリウスのデータ項目

外部診断機より得られるデータの一部を送ります。データを取得した位置等も送ります。

ECUデータモニター
01 項目コウモク 単位タンイ アタイ
1 吸入キュウニュウ空気クウキ温度オンド  
2 エンジン冷却レイキャク水温スイオン  
3 モータ回転数カイテンスウ r/min  
4 モータトルク Nm  
5 エンジン回転数カイテンスウ r/min  
6 HVバッテリ電圧デンアツ  
7 HVバッテリ電流デンリュウ  
8 アクセル開度カイド  
9 車速シャソク km/h  
10 バッテリ電圧デンアツ  
11 外気ガイキ温度オンド  

 

 

n-12646211 at 14:5 | この記事のURL | |

2005年11月12日 走行中の検査

プリウスの走行中のデータを取ろう。

エネルギモニター

プリウスには7インチのエレクトロマルチビジョン(EMV)が搭載されていて、このモニターでエネルギの変化が読みとれるようになっている。更に外気温や瞬間燃費等が表示される。使い勝手が前モデルより良くなっている。

 

外部診断機

走行中の強い味方がこの外部診断機。この装置を使ってデータの収集を行う予定。非常に多くのデータのモニタリングが出来る。今回皆様にお見せするのはその中の一部ではあるが、ブログにアップデートするのでご覧あれ。

 

 

 

 

 

n-12646211 at 13:29 | この記事のURL | |

2005年11月11日 プリウスのバッテリ

プリウスには、二つのバッテリが存在する。

補機バッテリ

運転席側のラゲッジルーム隅のあるのが、普通の車も使っている鉛バッテリ。

これは比較的安く買い求めることができる。

 

 

HVバッテリ

もう一つのバッテリは、動力源であるモータを駆動するためのもの。これは、ラゲッジルーム床下に収納してある。車内の空間にはほとんど影響のない大きさだ。でも、重そうに感じる。この一見重そうに感じるバッテリの存在こそ前後輪の軸重バランスの良さを生んでいるのかも知れない。

このニッケル水素バッテリは、高価だ。うん十万円もする。交換となったらかなり財布に、いや家計にダメージを被る。でも最近ではバッテリの故障情報はないのではなかろうか。後から出てくるものは、やっぱり良い。安心して長期間乗っていられるようだ。

 

n-12646211 at 19:13 | この記事のURL | |

2005年11月11日 プリウスのボンネットの中と裏側

プリウスのエンジンルームの表と裏を紹介

ボンネットの中

ボンネットを開けると、なにやら二つの固まりが入っている。

右側がハイブリッドシステムでその下にモーターがある。左側がガソリンエンジンだ。

 

フロントアンダー

下から覗くと、左側に黒いオイルパンがあるから、確かにエンジンである。

フロントのサスペンションは、ストラット式コイルスプリングだ。

 

車両重量は1270kgで、この重量をどのくらいの馬力で動かすのかというと、

エンジンスペックは、1500cc直4DOHCの最高出力は77PSである。モータースペックは、交流同期電動機の最高出力は68PSである。単純に足し算すると最高出力は145PSとなるはず。特性のことなる動力源を二つ積んでいるのがハイブリッドカー。最高出力が発生する条件が異なるため、いいとこ取りのこのハイブリッドシステムでもこう単純には行かず、113PSが最高出力だ。不思議な車です。

 

 

 

 

n-12646211 at 18:59 | この記事のURL | |