ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2006年12月11日 12月10日自動車整備科秋の体験入学スペシャルイベント

セーフテーライデイングはじめ

前日の雨が嘘のようないい天気です。

今日はスペシャルイベントでセーフテライデイングの特別講習を実施しました。特別講師S先生に安全運転の基礎知識のレクチャ後駐輪場で体験実習の開始です。

 

スタンデイング

先ずはスタンデイングです。

これはバランス感覚が重要で、非常に難しい技術です。練習をするにはオートバイより自転車ではじめた方が上達しやすいと説明されました。

 

1本橋1

次は1本橋です。

白線の上にタイヤを乗せてゆっくりと進みます。

 

 

1本橋3

ちょうど板に乗りゆっくりと進んでいます。運転姿勢はステップに立ち行います。立つことにより重心位置が着座しているときより下がるため安定するそうです。

ハンドルとステップはオートバイを操縦するには重要な部品と説明がありました。

 

片手でコーナリング

こちらはコーナリングの技術を磨くために片手で運転しています。ただし、こういう広い場所で指導員の指導を受けるときだけにしてください。十分に注意してください。

 

 

体験者1

こちらは、ゲストの挑戦です。
オートバイは400ccです。
内容はコーナリングです。

 

 

体験者3およそ20mぐらいを加速して、パイロンを旋回します。

 

 

 

体験者2

パイロンに近づくのが難しいです。

でも、この後アドバイスを頂いてからは、かなり近づけるようになっていました。体験後の感想は「とても参考になった」とうれしい感想を聞くことが出来ました。

 

今回初めてのイベントでしたが、参加していただいたゲストの皆さんは日ごろ身近なオートバイで新しい魅力を見つけられた様子でした。

さすがに指導員の資格をお持ちのS先生の走りはすごくカッコウ良く、安全に運転するとはこんなに「カッコウいい」という感じを与えてくことをゲストの皆さんは感じてくれたと思います。

今年の体験入学は今回で終了です。1月に入るとまた新しいイベントを企画しています。楽しみにしていてください。これからますます寒くなります。カゼなどひかないように気をつけてください。(担当高地)

 

n-12646211 at 18:23 | この記事のURL | |

2006年12月07日 一級自動車整備科 整備実習風景 ターボタイマの製作

スチール1今回は実習でターボタイマーを作ってみました。

 

はじめにLEDで回路やプログラムの確認、最後には実際の自動車につけて動作確認を行いました。 回路とプログラミングは担当の先生が作成しました。

 

 

 

 

回路の途中にあるPICというマイクロコンピュータ(長方形の黒い物)はプログラムを書き込めるようになっていて、そのPICでタイマーの動作をしています。

LEDは電気がきているかの確認の為と同時に実際の車ではエンジンがかかっているかどうかの判断も出来るようになっています。

 

まずは乾電池で電圧をかけての動作確認してみました。

 

スチール2

 

動作しているところです。

 

エンジンがかかった状態という風に見てください。

 

 

 

 

スチール3

キースイッチOFFにしたときにまだ、エンジンかかっていると見てください。

 

LED1つ点灯→電源OFF→「2」LED2つ点灯→LED全部消灯。の順序で動いたら動作確認完了です。

 

 

 

スチール4

車に取り付けるときにはリレーが必要なのでリレーの回路も作成しました。リレーをつけるのは、IGのかわりにONOFFさせる役割の為につけています。

 

 

 

 

スチール5

リレー回路も取り付けたのでいよいよ実際に車両で試してみました。

 

今回の実習車はインプレッサです。

 

 

 

 

スチール6

回路のアースはボデーアースからとっています。

取り付けたところです。運転席の下側にキースイッチのコネクタがあります。コネクタは4ピンでIG(緑)、ACC(黄)、電源(白)、スタータ(白黒)です。

 

 

 

スチール7

動作ですがエンジン始動→3秒間以上継続→キースイッチOFF→エンジンは6秒間かかり続けてその後停止します。時間はプログラムを書き換えれば変更することも可能です。今後これをリモコンスターターに改良していく予定です。乞うご期待!!

 

 

 

 

レイアウトは少し手を入れましたが、今回は一級自動車整備科の2年生が文章と写真の両方を作ってくれました。私も今後が楽しみです。

 

  

メイン

前回も告知をしましたが、12月10日体験入学は新実習車のお披露目とオートバイのセーフテーライディング講習も行いますので、1日と午前の受付は9時30分から、午後の受付は12時30分からです。ぜひ皆さんの参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

(担当高地)

n-12646211 at 19:21 | この記事のURL | |

2006年11月28日 12月10日はニュービートル、スマート、スカイラインで実習を体験しよう!

メイン

12月10日は新実習車を使用して体験実習を行います。

内容はエンジン電子制御の仕組み、各センサからの信号を測定器を使用して測定したり、スマートのボデー部品の脱着作業を体験していただきます。

 

 

また、オートバイの安全運転技術の講習会も行います。

ぜひ、参加してください。お待ちしています。(担当高地)

n-12646211 at 14:14 | この記事のURL | |

2006年11月20日 11月19日秋の体験入学実習風景

ニュービートルオイル交換こちらはニュービートルのエンジンオイル交換を行っているところです。オイルレベルゲージからパイプを入れて抜き出したいます。最近の外車はこのように交換することが多くなっています。

 

 

オイルチェンジャー

これがオイルを抜き取る装置です。ガラスの容器に抜き出したオイルが見えるようになっています。

かなり、汚れていました。

 

 

スマート顔とれ

こちらはスマートのフロント部分を取り外した状態です。

このように、パッカっと取れます。前輪が良く見えています。

 

このほかスカイラインは故障診断機を使用して、自動車と通信をしました。

XJR400はマフラーを交換して排気音の違いを確認しました。

(担当高地)

n-12646211 at 16:0 | この記事のURL | |

2006年11月10日 11月19日に向けてスマートの体験実習の準備です。

スマート全体

今日は納車したてのスマートを11月19日

体験入学に使用するため内容の検討です。

 

 


スマートエンジンルーム

こちらはエンジンルームです。

後部座席の後ろのエンジンフードを取り外すとエンジンを見ることが出来ます。中央の黒い部品はインテークマニホールドです。コンパクトにまとまっていて、吸気温センサ、バッキュームセンサなど各センサも点検しやすい場所にあります。

スマートオイルフィルタ

こちらはスロットルボデーです。

排気量が小さいので装置自体も小型です。

ところで皆さんバッテリはどこに搭載されていると思いますか。   

          

答えは助手席の足元にあります。室内のカーペットはやはりベンツなので質感は非常にいいです。

11月19日は体験入学にぜひ来てスマートに会いにきてください。待ってます。

(担当高地)

n-12646211 at 8:52 | この記事のURL | |