ブログ 自動車整備科 / 一級自動車整備科

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 次代の自動車整備士をめざす人のための情報ブログ 自動車整備科/一級自動車整備科blog

オープンキャンパス・体験入学

自動車整備科/一級自動車整備科blog

2007年02月28日 一級自動車整備科実習風景 マイガレージ2 パルサー編

エンジン下ろす

いよいよ、一級自動車整備科1年生のマイガレージのさぎょうです。今回の自動車はS・A君の日産パルサーです。ちなみ4WDです。メインの作業はクラッチオーバホールです。自動車車整備士を経験している人は、誰もが大変な作業が含まれることが良く知られています。

 

エンジンルーム1

先ずはボンネットを取り外してエンジンルームでの作業です。手分けして作業を進めています。

 

 

エンジンアップ

こちらはエンジンのアップです。

ぎっしりと入っているのが分かると思います。

やはり、2リッター4WDはこんな感じになります。

 

エンジン外す

すみません、作業は非常に大変だったのですが、作業に集中していたため、途中の写真が撮影されていませんでした。

ワイヤーで支えながら、車体をリフトで上に持ち上げてエンジンを下ろしています。エンジンとトランスミッションとトランスファ(後輪に動力伝えるための装置です)と3つが合体したままで降ろさなければ、ならないので、ものすごく重いです。

ちなみに、前輪駆動車の場合、トランスミッションだけを降ろすことができます。

何とか無事に降ろすことができました。先ほども書きましたが、作業に集中してしまったため、肝心エンジンとトランスミッションとトランスファの分離する写真を撮っていません。

この後、S・A君は持ち前の粘り強さで、作業を続け無事に車体に戻すことが出来ました。またR君のフォローは絶妙でした。

戻し

まるで3分クキングみたいですが、タイヤまでついています。この後アンダカバーを取り付け作業完了かと思いきや、タイロッドエンドを取り外したためホイールアライメントのうちトーインが変化しているのでその調整が必要となりました。実はこの作業が結構大変でした。

しかし、S・N君のプロフェショナルな作業で後半は1mm単位を回転させる角度からピッタリと調整することができていました。

今回のさぎょうをとおして、皆ひとまわり大きくなったみたいでした。

やはり生きているくるまは多くのことを学ばしてくれます。

今後もマイガレージでいろいろな作業をとおして身につけて欲しいと思います。

(担当高地)

 

n-12646211 at 19:55 | この記事のURL | |

2007年02月27日 2月23日、24日ものづくりフェスタ2007開催

準備

いよいよものづくりフェスタ2007されました。

22日から準備に入り、23日当日です。

こちらは自動車のブースで、小型2ストエンジンの分解組み立てを体験できるようになっています。


右側では自動車の故障箇所を調べ、データをパソコンで表示しています。
現在に自動車整備にパソコンは重要です。

2スト24日

こちらは遊びに来てくれた小学生の子と2ストエンジンの組み立てをしています。

興味を持ってくれれば、簡単に組み立てられます。

無事に組み立ては完了していました。

子紫電24日

こちらは由良先生が製作された、「子紫電」です。

24日は特別講演会と共に注目されていました。

特別講演ではものづくりやデザインは自然界には学ぶことが多いというお話に会場に来ていた在校生、お客様とも大変興味を示していました。

デイジャック

こちらはデイジャク様の協力でマーチのワンメイクレースの仕様を車両を展示出来ました。

身近なマーチがレース仕様になっているのに、やはり在校生、お客様とも大変興味を示していました。

(担当高地)



n-12646211 at 8:52 | この記事のURL | |

2007年02月16日 一級自動車整備科 国立上野科学博物館 「ものづくり展」を見学

ものづくり展2月16日ものづくり展に見学に行きました。

会場ではものづくりに関する技術は加工されたものが展示されていました。特に一級自動車整備科の学生に人気があったのは「金属の熱処理」というビデオで焼きいれ、焼き戻し、焼きなまし、表面焼入れとギヤの作製、鋳造でした。

どれも自動車を製作するには、重要な加工方法なのですが、意外と分かりやすいものは少ないです。中でも焼きいれにより、組成が変化するのを電子顕微鏡で写したものは、違いがはっきりと分かりすごく良かったです。実は私も学生と一緒に観ていたので、つい、授業のように解説をしてしまいました。その他常設展も見学にいって自動車や飛行機、ロケットなど興味深く見学していました。

さて、来週はついに大田区産業プラザ(PiO)で「ものづくりフェスタ2007」開催されます。

いま、蒲田校、八王子校、北海道校とも準備で忙しい毎日を過ごしています。

ぜひ、皆さんの見学をお待ちしています。

自動車整備科と一級自動車整備科では、「現在の自動車整備ってどんな感じなの」と「小型エンジンを分解組み立てて基礎構造を知ろう」を実施します。また、デイージャック様の協力でレースかの展示や由良先生の製作した自動車も展示されます。楽しみにしていてください。(担当高地)

n-12646211 at 21:29 | この記事のURL | |

2007年02月05日 日本工学院八王子専門学校 一級自動車整備科実習風景

Z全景

今回は一級自動車整備科1年生の実習です。
各班ごとにエンジン降ろしを行いました。こちらは日産Zのエンジンとミッションを車両から降ろしているものです。
ミッションジャッキと作業台に載せて、車両をリフトで上に移動して取り出し完了です。


Zエンジン

横から見た感じです。
エンジンの全長はV型のためコンパクトです。バランスよく取り出すとことで、意外と素直に取り外していました。
さて、2月も1週間経ち、一級の2年生は登録試験に向けてがんばっています。



自動車整備科の2年生も毎日、試験対策でがんばっています。
体に気をつけてがんばってください。

それから、前回もお知らせしましたが、
2月23日、24日と「ものづくりフェスタ2007」が開催されます。

本年創立60周年を迎える日本工学院専門学校および日本工学院八王子専門学校のテクノロジーカレッジ、日本工学院北海道専門学校では、経済産業省が公表した「ものづくり国家戦略ビジョン」に沿った「ものづくり・デザイン」教育を専門学校として推進し、ものづくりの楽しさ、魅力、重要性を伝える教育に取り組んでいます。

日本工学院(蒲田・八王子・北海道)のテクノロジーカレッジおよびテクノロジー系学科では、次代を担う若者(小・中・高校生)のみなさんに、ものづくりの楽しさや興味を持っていただくためのイベントとして「日本工学院 ものづくりフェスタ2007」を「ものづくりのまち」として有名な東京・大田区にある「大田区産業プラザ(PiO)」で開催いたします。

開催期間中は、業界のリーダーや著名人による講演会、協力企業によるものづくり体験イベント、テクノロジーカレッジ卒業制作展ほか、テクノロジー系学科ブースを設置いたします。ぜひこの機会に、お友だちとご一緒にご観覧ください。スタッフ一同、みなさまのご来場をお待ちしています。(入場無料)

http://www.neec.ac.jp/event/monodzukuri2007/index.html

興味をもった方は是非きてください。お待ちしています。(担当高地)

 

n-12646211 at 20:0 | この記事のURL | |

2007年02月02日 日本工学院八王子専門学校 一級自動車整備科マイガレージ開始

盗難防止装置今回は盗難防止装置の装着実習です。

ホンダS2000に取り付けてみます。

取り付け部品一式です。汎用性が高いのでほとんどのものに取り付けが出来るようになっています。

LED点灯

メイン電源をON後、取り付け完了後LEDの点灯で作動の確認をしています。

 

 

LED消灯

メイン電源をOFF後、取り付け完了後LEDの消灯で作動の確認をしています。

 

 

マイガレージフィット

こちら2年生の学生が自分の自動車のブレーキ整備実習を行うために、自動車を持ち込んで作業を行っています。これがマイガレージです。

つまり、自分の自動車を学校の設備を使用して整備が出来るのです。これが一級自動車整備科のマイガレージです。

フィットフロントブレーキ

フロントブレーキのパッド交換です。

 

 

 

フィットリアブレーキ

リアブレーキのパッド交換です。

交換作業終了後ブレーキ点検を行って、異常なしで無事終了です。

 

 

自動車整備科では直接な「ものづくり」というと、イメージしにくいかもしれませんが、不具合がある状態のものをよくする。つまり、「いい状態」を作るのももしかすると「ものづくり」といえるかもしれません。
そこで、告知です。

2月23日(金)、24日(土)と大田区産業プラザPioにて、ものづくりフェスタ2007が実施されます。

本年創立60周年を迎える日本工学院専門学校および日本工学院八王子専門学校のテクノロジーカレッジ、日本工学院北海道専門学校では、経済産業省が公表した「ものづくり国家戦略ビジョン」に沿った「ものづくり・デザイン」教育を専門学校として推進し、ものづくりの楽しさ、魅力、重要性を伝える教育に取り組んでいます。

日本工学院(蒲田・八王子・北海道)のテクノロジーカレッジおよびテクノロジー系学科では、次代を担う若者(小・中・高校生)のみなさんに、ものづくりの楽しさや興味を持っていただくためのイベントとして「日本工学院 ものづくりフェスタ2007」を「ものづくりのまち」として有名な東京・大田区にある「大田区産業プラザ(PiO)」で開催いたします。 開催期間中は、業界のリーダーや著名人による講演会、協力企業によるものづくり体験イベント、テクノロジーカレッジ卒業制作展ほか、テクノロジー系学科ブースを設置いたします。ぜひこの機会に、お友だちとご一緒にご観覧ください。スタッフ一同、みなさまのご来場をお待ちしています。(入場無料)

http://www.neec.ac.jp/event/monodzukuri2007/index.html

興味をもった方は是非きてください。お待ちしています。(担当高地)

 

n-12646211 at 20:23 | この記事のURL | |